以前の記事の続報。

根尖病”巣”がなくなってほしい!〜#18 Previously Initiated Therapyの根管治療(1回法)

#18の根管治療から7ヶ月が経過していた。

問題は消失しただろうか?

#18 7M recall(2023.9.29)

前回と今回の検査結果が以下である。


結論を言うと、

痛みが取れないのでペインクリニックを紹介された

患者さんであったが、

現状、何も問題がなくなった

のである。

この検査の結果がそれを物語っているだろう。

PA(2023.9.29)

7ヶ月前は、

明らかにForamenからGutta Percha PointがOverextensionしていたが、

7ヶ月経過して飛び出したGutta Percha Pointは消失していた。

CBCTの撮影も行った。

MB

ML

飛び出ているはずのGutta Percha Pointは消失していた。

D

病変も7ヶ月経過して消失していた。

さて。

一体、何が起きたのだろうか?

それは私にもわからない。

すごい事もあるんだな…と言う感想を持っていたら、

たまたまその日、東京の知り合いの先生が同じようなケースを見せてくれた。

溢出したGutta Percha Pointが消えたのである。

根尖病変の治癒とともにGoneしたのだろう。

なぜか?

私は理由を知らない。

同じ価値観で治療している人は、同じ不思議な思いを、同じ日。同じ時間に共有するのだろうか?!(まあ、そんなことはないだろうけどw)

不思議な1日であった。

ということで、この患者さんの経過観察はこれで終了である。

遠いところから(関東某所)お疲れ様でした。